ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

家具の移動・錆びの落とし方の裏技

掃除をしている時にたんすの下やベッドの下など、普段掃除がなかなか出来なくてほこりなどがたまってしまった所を掃除したい時がある。

しかし、そうは言っても、そういった場所は掃除機などでは吸いにくいし、かといって動かすのも困難である。

模様替えなどで家具を動かしたいときも、そう簡単には動かせないし、また無理やり動かすと床に傷がいってしまいそうで怖い。

そんな時に、重たい家具を簡単に移動することができる裏技がある。

まず、たんすなどの引き出しが多くあるものは、その引き出しを全て取りはずしておく。
そこで、家具を少しだけ持ち上げ、素早く下にダンボールを敷く。

たったこれだけのことだが、

このダンボールの上を滑らせるように家具移動させれば、床に傷をつけてしまうことなく、簡単に重たいものを移動させることが出来る。

長い間使わずに放置していた銀製品や、雨で濡れてしまった銀製品は錆びて使えなくなってしまうことがある。

そんなときは、この錆びてしまった銀製品を一晩炭酸飲料水の中に入れておくと、元のピカピカな銀製品に戻すことが出来る。

非常に簡単なので、一度やってみてはどうだろうか。

錆びがついてしまった鉄の部分などを掃除する時は、その錆びの部分に上から木工用ボンドを塗って半日乾かしおき、透明になったところで、その部分を剥がすと、木工用ボンドと一緒に錆びもくっついてきれいに剥がれてくれる。