ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

カーテンレールと天井、ビニールクロスの掃除と裏技

カーテンレールの溝は非常に狭いため、雑巾などで無理やり掃除をしようとしても、隅々まで届かない。
そこで活躍するのが割り箸を使った掃除の裏技である。

まず、割り箸の先にいらなくなった小さい布を巻きつけ、輪ゴムでしっかりと止めておく。
そして、その割り箸の先を湿らせ、カーテンレールの溝を軽く拭いてあげると、隅々まで届いてきれいに掃除することが出来る。

また、カーテンの金具も一つ一つ拭き掃除をするには面倒がかかりすぎるため、いちいち拭くのではなく全部の金具をカーテンから外してしまった上で洗剤を加えた洗面器などに入れて、歯ブラシを使って磨き洗いをしてあげた方が早くてきれいに掃除することが出来る。

天井を掃除する時は大体、はたきを使用するだろう。
しかし、こういったはたきをわざわざ購入するのが面倒くさい人は、いらないストッキングをほうきの上に被せたものをはたきの代わりにして天井掃除に活用してみても良いかもしれない。
この方法ならば、お金もかからずにあるものだけで大掃除などの天井掃除をすることが出来る。

基本的にビニールクロスの壁掃除は、はたきでほこりやゴミを落とすことから始まる。

その後しっかりと絞った雑巾で水拭きをする。
そして、その中でも特に目立つ汚れの部分には住宅用洗剤を使用する。

この住宅用洗剤を気になる箇所にスプレーし、スポンジなどを使って擦った後、水拭きを行うと汚れがすっきり落ちる。
それでも汚れが落ちなかったときは、消しゴムで汚れた部分を消してみると、大体の汚れを取ることができるだろう。