ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

レザーソファー、木製品の掃除・裏技

レザーソファーは革製品であるので、水拭きしてしまうと、革が固くなり、変色してしまう場合がある。

せっかくの革製品が固くなったり、変色してしまったりするのは非常にもったいない。
そのため、レザーソファーの掃除の基本は乾拭き掃除であることが多い。

しかし、よっぽど汚れがひどくなってくるとやはり水拭きが必要になってくる。

そのような時はウール用の洗剤を使用することをおすすめする。
拭くときの雑巾はしっかりと絞ったものを使い、掃除の仕上げにはレザー用のクリームを塗ると良い。

さて、ここからが裏技である。

実はウール用の洗剤とレザークリームの役割の代わりを果たすのがバナナの皮である。
そのため、レザーソファーを掃除する時にはまずほこり等を落としてから、バナナの皮の白い部分でソファーを磨き、その後できちんと乾拭きすれば、革を傷めることもなく、綺麗に掃除することが出来る。

木製の家具などはほこりや手垢がついてつやがなくなってしまうことがほとんどである。
そんな木製品の汚れをコーンスターチの粉を使って取ることが出来る。
コーンスターチの粉を使って掃除をすることによって、綺麗になるだけでなく、つやを出すことも出来る。
最初に木製品のほこりなどを軽く取っておき、コーンスターチを柔らかい布につけて磨けば、つやつやに生まれ変わる。
その他、つやを出すのに重宝するのものとして米ぬかでもこの代用をすることが出来る。