ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

網戸・ガラスについたシール・ペンキ塗装の窓枠の掃除と裏技

網戸を掃除する基本的な掃除方法としては、しっかりと絞った雑巾を両手で持って、網戸をはさみこむようにして表裏両方を拭き上げるのである。

しかし、この方法では少し時間と手間がかかって面倒に感じるかもしれない。

ここで、網戸掃除の裏技として、掃除機を使う方法がある。
これは網戸の内側から掃除機をかける方法なのだが、ただ内側から掃除機をかけても風を吸い込むだけで意味がないので、新聞紙などを網戸の外側にきちんとあてて掃除することが必要である。

窓ガラスにシールを貼ると、それをはがそうと思ってもこびりついてしまっていて、なかなか取ることができない。
このような時には、シールのついた所を水でぬらし、一度ドライヤーなどで暖めてやると取れやすくなる。
そして、この取れやすくなったシールをカッターの刃を使ってそぎ取る。
この時、カッターの刃は寝かせて使うようにすること。

窓枠がペンキ塗装してあるところを掃除する時には洗剤を使用しないようにしなければいけない。
ペンキ塗装してあるところに洗剤を使って掃除してしまうと、ぺんきは洗剤に弱いので、ペンキがはげてしまうのである。
さらに、ペンキは水にも弱いので拭き掃除をするのなら乾拭きした方が良い。
しかし、どうしても水拭きが必要だという場合は、冷ました紅茶で拭いてあげるのがよいだろう。
冷ました紅茶は水拭きをするよりはるかにペンキがはげにくい。