ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

サッシと窓ガラスの掃除そして裏技

サッシの溝にはほこりが非常にたまりやすい。

ここの掃除で苦労するのは拭き掃除だけでは細かい所にまで手が届かないところである。
細かいところが掃除しにくいからといって放置しておくと、どんどんとほこりやゴミがたまっていってしまい、手がつけられなくなってしまう。

そうなる前に、簡単にできるサッシの細かい掃除方法を知っておくとよいだろう。

そこで、このようなサッシの溝掃除をする際の裏技としてハケを使う方法がある。
このハケは毛が柔らかくて幅が広めのもので、なおかつこしのあるものを使用するのが良いだろう。

まず乾いた状態でほこりを掻き出したら、今度はハケを水で濡らして何回か洗い流す。
そして最後にしっかりと絞った雑巾でサッシを拭くと綺麗に掃除することが出来る。

窓ガラスの押さえゴムは雨などで濡れることが多いため、カビが付きやすく、一度カビが付着してしまうと、普通の掃除方法では取り除くことが難しくなる。

このようなカビを取り除くためには塩素系の台所用漂白剤を使用して掃除するのが効果的である。

使用方法としては、漂白剤を半分ぐらいに薄め、カビが付いている場所にハケを使って塗りこんでいく。
そして、カビが漂白されたのを確認できたら、しっかりとしぼった雑巾できれいにふき取る。

なお、しつこいカビの汚れであった場合、1度漂白しても掃除しきれない場合があるので、そのような場合は何度か漂白剤を塗りこんで掃除するとよい。