ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

便器のふちとタンク水受けの掃除の裏技

トイレ掃除をする時にうっかり見落としがちなのが、ふちの裏側の部分である。

ここは目にははっきりと見えない部分であるが、実は飛び散った尿などが付着し、かなり汚れている。
この汚れを放置しているとにおいの原因にもなってしまうので見えないからといって放っておくのではなく、きちんと掃除することが大切である。

しかし、便器のふちの部分というのは掃除トイレ用のブラシを使用しても手間がかかるし、隅々まで磨くことができない。

そんな時に裏技として役に立つのが軍手である。

軍手をゴム手袋の上にはめ、軍手の指先部分にトイレ用洗浄剤をつけ、そのまま便器のふち部分を掃除すれば、細かいところにも手が届き、きれいに掃除することが出来る。

トイレタンク水受けの黄ばみの原因は水垢やほこりが付着したことが原因である場合と、水道水中に含まれているミネラル成分や鉄分がさび付いてしまったことが原因となる場合がある。
水垢やほこりが付着したことが原因である場合はクレンザーをブラシにつけて磨けば大抵の場合きれいにすることが出来る。

また、ミネラル成分や鉄分がさび付いてしまったことが原因である場合はシュウ酸+お湯で還元漂白すると汚れをきれいに落とすことが出来る。

しかし、この「シュウ酸」という薬品はなかなか簡単に手に入るものではない。

そこで、この「シュウ酸」の代わりとして、例えば「ハイドロハイター」などの洗濯用漂白剤で還元型と書かれた物を使用することが出来る。