ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

トイレの黄ばみの掃除の裏技

トイレは毎日使用するものであり、できればずっと清潔に保っておきたい場所である。

トイレの便器は日常的に掃除するのであれば、まだ黄ばみや黒ずみがひどくなっていないので、
洗剤を使わずにブラシなどでこするだけでも十分であるが、

一旦黄ばみや黒ずみがトイレの便器についてしまうと、
その汚れを落とすのに苦労と時間が非常に必要となってくる。

このような便器の黄ばみや黒ずみは「にょう石」と呼ばれている尿から出た老廃物が二酸化炭素と反応することによって炭酸カルシウムが結晶化したものが原因であると言われている。この結晶化したものがアンモニア等を吸収してしまうため、トイが臭う原因となっているのである。

さて、それでは、このにょう石を取り除くためにはどうすればよいのだろうか?

にょう石というのはアルカリ性であるため取り除く一番早い方法として、酸で中和させる方法がある。
そのため、塩酸等を含んだ洗浄剤で便器を洗うのが一番早く黄ばみを取れていいだろう。

また、それだけでは落ちない時の裏技として便器にこびりついた黒ずみや黄ばみなどは、
その黄ばみの上にトイレットペーパーを置き、上から洗剤をかけて少しの間置いておく。

その後はブラシで汚れの部分を磨くことによって汚れをきれいに落とすことが出来る。
ここまでしても汚れを取ることが出来なかった場合は1000番程の耐水ペーパーを使用して黄ばみの部分を磨いてみと良い。