ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

換気扇の掃除と壁面タイル掃除の裏技

掃除をする時に大変苦労する油汚れの掃除の中で、
換気扇の汚れや壁面タイルの汚れを落とすのに苦労した人も多いのではないだろうか。

換気扇の油汚れを掃除する際には、カバー、レンジの受け皿、ネット、ファンなど、取り外せる物は分解して洗う。そして、そのバラバラにした部品を浸けおきタイプの洗剤溶液に浸けてしばらく置いておくだけで、ベタベタが取れて楽に汚れを取ることができる。

●浸けおき洗いの方法・裏技とポイント

☆大きめのポリ袋を用意し、洗濯用のカゴやダンボール箱のような大き目の容器に被せてセットすることで、浸け置きのための場所作りを行う。
☆ネジのような小さな物は洗剤の入った空き瓶の中に入れて浸け置きを行う。
☆使用するお湯の温度は50℃前後。
☆物を入れる前によく洗剤をかき混ぜる。
☆汚れを下にして浸け込む。
☆汚れがしつこい場合は30分~数時間浸け込む。
☆汚れが浮いてきたと思ったら歯ブラシ等で、洗剤溶液をつけながら擦る。
☆最後にきちんと水洗いをして乾かすこと。
☆分解したり外したりできない部分がある場合、洗剤を湿布するのが一番いい方法であるが、これでも汚れが残ってしまうようならプロの掃除屋さんに頼むと良いかもしれない。

●壁面タイル掃除の方法とポイント

1.タイルに張り付いている油をヘラや割りばしで擦り落とす。
2.油汚れ用洗剤をスプレーする。
3.台所用ラップを張り付ける。
4.しばらく待つ。
5.汚れが浮いてきたのが確認できたら、ボロ布で拭き取る。
6.水拭きする。

※クリームクレンザーをつけて擦る方法でも、よくタイルの汚れが落ちる。

※点々とついた油ハネや目地部分など、掃除のしにくい部分は、歯ブラシにクリームクレンザーをつけて擦ることによって綺麗にすることができる。