ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

掃除での洗剤無使用の方法・裏技と注意点

●ボロ布を使った裏技
ある程度の油汚れなら、ボロ布に食用油をつけて拭くことによって汚れが油になじむので最後にきちんと乾拭きをすれば、綺麗に汚れを落とすことが出来る。
また、換気扇等のひどい油汚れを落としたい場合は、ヘラ等である程度汚れを削り落とした後、ボロ布に灯油をつけて拭くとよく落ちる。
そして最後には台所用洗剤を使用して洗っておくと良いだろう。
しかし、匂いが駄目な人にとってはあまりいい方法ではないかもしれない。
さらに、火気にも充分注意する必要がある。

●重曹を使った裏技
水に溶けるとアルカリ性になる「重曹」は、油汚れはもちろん、その他様々な汚れを落とすのに便利である。
また、重曹は脱臭効果や研磨作用もあるのでいろいろと使い道があり便利であるが、その洗浄力はやはり洗剤類などに比べると若干劣る。

最近ではフッ素コート加工がしてあるレンジフードやガスレンジが増えているので、アルカリ性洗剤を使用するとシミになることもあるため注意が必要である。

また、アルミなどもアルカリ性の洗剤によって変色する事こともあるので同じく注意が必要である。
そのため、台所に使用されている素材をきちんと確認して洗剤を選ぶことが大切である。

その他注意が必要なのはニス塗りや塗装面である。

これにどのような油汚れ用洗剤を使ったとしても、ツヤがなくなったり、洗剤に長くつけておいたりすることで塗装がはげてしまう場合もある。

これらを避けるためには、細かく掃除用洗剤を使って掃除することが大事である。
壁などに洗剤を吹き付けて掃除する場合は垂れ跡がついてしまうことがあるのでスプレーを下から上へ吹きつけながら拭き取るのがよい。