ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

ゼロ円で掃除の裏技(その1)

お塩を使ったお掃除の裏技をいくつかご紹介してきました。

お塩はお湯のみに付いた茶渋を取る裏技に使えるほか、
窓のサッシの隅っこやゴムパッキンの部分に溜まった小さなごみ、取りにくい汚れも取ってくれるのです。

お掃除の方法は、絞った雑巾に塩をつけます。
そしてそれで窓の四隅をこするだけ。

塩がなんと研磨剤の役をしてくれるのです。
これでこびりついてしまった汚れも落とせると言うわけです。

障子の黄ばみ取りの裏技には、大根おろしを使います。

障子の黄ばみ、気になりますよね。
お客さんが来る度に張り替えるわけには行かないし。がんばって張り替えてみても年に一度の大掃除くらいではないでしょうか。

さてこんなとき、冷蔵庫の大根の残りを使って簡単お掃除です。
大根おろしを作り、そのしぼり汁を障子に塗ります。

ただこれだけ。とても白くなりきれいですよ。
汁だけ使いますから大根おろしも食べられますし、ゼロ円で一石二鳥の裏技ですね。

ジャガイモの皮で汚れた鏡を掃除しましょう。

くもったり、汚れたりした鏡でお化粧をしていませんか?

ダメダメ!
それではあなた自身もきれいになりません。

鏡はいつもピカピカでないと!

さて、キッチンで出るゴミ。
じゃがいもの皮、捨てずに活用しようじゃありませんか。

切り口のほう、身が付いているほうで鏡をこすります。
その後、カラ拭きをするだけなのです。

ごみとして出るジャガイモの皮でエコな裏技掃除!
これはお勧めですよ。