ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

みかんの皮で裏技掃除

みかんの皮は、お掃除の裏技に大活躍することをご存知でしょうか?

特に冬になるとみかんを箱ごと購入して、一日に何個も召し上がるご家庭もあると思います。
こたつにみかんは冬の楽しみのひとつですし、風邪予防にビタミンも取れます。

どのご家庭も沢山みかんの皮がごみとして出るでしょう。
その皮を捨てずにお掃除に活用しましょう。

お掃除のために洗剤を買うことなく、
ごみとして捨てられるみかんの皮を使うのですからエコにも繋がるわけです。

まずガスレンジの掃除をしてみましょう。

皮の内側の白い部分、これは実に油を吸いとる役目をするのです。
みかんの皮の内側の面で、油汚れをこすってみて下さい。
これで軽い油汚れは取れます。

そして頑固な油汚れには皮の外側をしぼり出しその液を油汚れにつけてみて下さい。
その後、内側の面でふきとって下さい。

気になる方はその後で水ぶきすることをお勧めします。

他にもみかんの皮は油性ペンを落とすのにも使えます。
例えばテーブル、家具などに付いてしまった油性ペンの落書きはなかなか消せないものです。

ですが油汚れと同様にみかんの皮で、こすって落とすことができます。

また畳の黄ばみ取りにもみかんの皮をつかいます。
みかんの皮をしぼった汁を雑巾に含ませ、畳を拭くと黄ばみ取りに効果があるのです。

オレンジ成分は市販の洗剤でも配合されたものが人気が出ているようです。

かんきつ類にはもともと油を分解する力があるので、
この自然の洗浄力を利用した安心なお掃除の裏技ということですね。