ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

畳掃除の裏技(その2)

赤ちゃんがいるご家庭は畳のお部屋でよく遊ばれるでしょう。

畳をなめたり、遊んでいてそのまま眠ってしまったり、
畳は赤ちゃんの肌に直接触るものですから清潔に保ちたいものですね。

湿気の多い季節など、油断すると畳にもカビが発生してしまいます。
畳に発生してしまったカビのお掃除の裏技をご紹介しましょう。

まず歯ブラシでカビを取ります。
この際、畳の目にそってやることがポイントです。

次に消毒用アルコールを布につけそれをしみ込ませカビを拭き取ります。
仕上げにから拭きしてください。

畳は意外と繊細ですから畳自体を痛めないように優しくお掃除してくださいね。

さて畳に、コーヒー、しょう油など液体をこぼした時のお掃除の裏技です。

これは以前にご紹介したカーペットやじゅうたんのお掃除の裏技と
似たような裏技ですがここでは歯ブラシを使います。

歯ブラシはこのお掃除のほかにも、いろんなお掃除の裏技に使えますから
古い歯ブラシは捨てずに取って置きましょう。

まず、シミを雑巾で軽く吸い取ります。
こぼした液体を押し付けないようにしてくださいね。

次にシミの上に、塩をまいてしばらく放置します。
そして歯ブラシで目にそって、こすっていきます。

最後に掃除機で塩を吸い取ります。
そしてから拭きで仕上げます。

畳は目があるので、こぼした液体が畳の目に入ってしまい、
シミが出来やすく、さらに汚れが取りにくいのです。

畳に何かをこぼしてしまったら、すぐ先ほどの方法でお掃除してください。

時間が経つほど畳の目に染み込んでしまうのでスピード感が大事ですね。