ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

畳掃除の裏技(その1)

フローリングやカーペットやじゅうたんを簡単にお掃除する裏技をご紹介してきました。
ここでさらにみなさんが知りたがっているのは畳のお掃除の仕方ではないでしょうか?

畳は何かをこぼしてしまうとすぐに染み込んでしまって、お掃除が大変ですね。
こぼしたものをきれいにふき取れず、そのままシミにしてしまうご家庭も多いでしょう。

畳の張替えは大変ですしお金もかかります。
いつまでもきれいな畳を保つため、どんな方法があるでしょうか?

洋風な建築が増えた日本の家屋も意外と畳のお部屋を設けている家は多いです。
日本人なら誰しもそうでしょうが、畳のお部屋にいると落ち着きますね。

フローリングと違って畳は、ついてしまった汚れを落とすことが面倒です。
特に何かをこぼしたりしたときのシミは厄介です。

ここでは畳のシミ落としの裏技をご紹介しましょう。
こびりついたガムなどのお掃除の仕方についてお話します。

まずみなさんはご存知だったでしょうか?
畳には、白い粉のようなものが付着しています。

これは色あせを防ぐためのもの、傷からも守るバリアみたいなものです。
これを水で拭き取ってしまうと、実に畳にとっては逆効果です。

覚えておいて欲しいことは「汚れを落とす以外は基本はから拭き」です。

とにかくガム、カビの汚れも水で拭いてはいけません。
ポイントとしてしっかり覚えておいてください。

まず畳にガムが付いてしまった場合の落とし方です。

シンナーまたはベンジンを布にしみ込ませます。
そっとガムを拭き取ります。

ガムが目に入っていたら、布をおいて上からアイロンをかけます。
こうすることでガムがやわらかくなり取りやすくなります。

ガムを取り除き、その上から、から拭きします。

覚えておくともしもの時に役立つ畳掃除の裏技ですね。