ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

新聞紙を使った掃除の裏技

お掃除で大活躍する古新聞。
だから、新聞は捨てずにストックしている人も多いでしょう。

新聞紙には、どんな掃除の活用法、裏技があるのでしょうか?

網戸、エアコンフィルターなどのお掃除には、新聞紙を使います。
裏側に新聞紙を貼り付け、掃除機で埃を吸い込むときれいにお掃除ができます。

そして食器棚、冷蔵庫の上など
なかなかお掃除が出来ない場所にあらかじめ新聞紙を敷いておきます。

こうすると埃がたまりませんし捨てるのも取り替えも簡単ですね。
特に冷蔵庫の上は何も置かないとすごく埃が溜まります。

お料理で空気中にまった油分も冷蔵庫の上にたまっています。
埃と油分がまざり頑固な汚れになってしまいます。

水で湿らせた新聞を細かくちぎって、畳やフローリングにまきます。
そしてごみや埃と一緒に吐き出すことができます。

細かいごみを新聞紙が絡め取ってくれ、
おまけに埃を巻き散らすことなくお掃除ができる裏技です。

お部屋の空気を汚さないから小さいお子様がいる家庭にも安心ですね。
といってお掃除する際は換気が必要です。

新聞紙は埃よけになったり、埃を絡め取ったり、
または雑巾の代わりになったり万能なお掃除裏技グッズでしょう。

窓ガラスや鏡拭きには新聞のインクが汚れを落とす役割を果たしてくれるのでお勧めです。

まず水で湿らせた新聞紙で窓ガラスを拭き、そのあと乾いた新聞紙で拭き取ります。
雑巾のように拭き残しや洗剤の後もなくピッカピカ!

これは私が小学生のころから実践している窓掃除の裏技です。
是非お試しくださいね。