ようこそ! 「生活情報ナビ」へ

網戸掃除の裏技(パート2)

網戸がキレイにお掃除できたら、サッシの溝の汚れも気になりませんか?

サッシの下溝はお水を少量流して汚れをふやかし、歯ブラシなど細かいブラシで擦ると簡単に取れます。
水を流せる場所でしたら水をかけて汚れを洗い流して下さい。
水を使えない場所でしたら水を多めに含ませた、ぬれ雑巾で何度か汚れをぬぐい取ります。

雑巾が隅まで行き届かない場合はぬらしたティッシュや綿棒を使うと良いでしょう。
溝だけでなく上部分や側面も結構汚れているものです。
まんべんなくお掃除しましょう。

湿気が溜まりやすい窓枠はカビが繁殖していることが多いです。
ですが、だいたいのご家庭の窓枠は黒っぽい色なので、なかなかその汚れに気がつきません。
網戸のお掃除をしたときに、その流れで窓もお掃除して、ついでに窓枠部分も忘れずにお掃除しましょう。

網戸は専用のお掃除道具がなくてもお掃除が出来る場所です。
雑巾や掃除機、いろんな身近なものを工夫して簡単にお掃除できる技がネットでも雑誌でも紹介されているようですね。

その中で私が特に気に入ったものをご紹介します。

もしご自宅にフローリング用ワイパーがあったとしたら、それが活躍します。
このフローリグワイパーウェットタイプのシートでほんの軽い程度に網戸を拭いてみて下さい。
意外と簡単に汚れが落ちるという裏技です。

洋服も汚さず大掛かりにならず、気が付いたらさっとふける手軽さが嬉しいですね。
たまにこうしてお掃除しておくと年末の大掃除が楽になるかもしれませんね。

網戸のお掃除用ではなく、いつものお掃除に使っているフローリングワイパーで代用できることが主婦にとってはとても嬉しい裏技でしょう。