火災報知機(報知器)の設置箇所

火災報知機の設置が義務化されますが、
実際に購入した火災報知機を一体どこに設置すれば良いか、イマイチわからないという人もおられるかと思います。ただ、義務化される以上は、これらの事を知らないでは通らないので、しっかりと学んでおきましょう。

火災報知機の設置箇所は二パターンあります。

一つは天井。
もう一つは壁です。

床に付ける事はありません。

天井と壁のどちらに付けるかは、購入した火災報知機のタイプ次第です。
逆に言えば、どちらに設置すべきかを予め決めておかないと、
いざ購入した後で変更ができず、買い直さなければならない事態になりかねません。

予め、どこに設置するかを決め手から購入するようにしましょう。

天井に設置する場合、そのメリットはデザイン的に邪魔にならないというところにあります。

よくお店などに警報機が設置されていますが、その多くが天井に設置されています。
これは、来店するお客の視界に入れないためです。侵入者に気付かれないようにという配慮もありますが、大きな理由は前述のものです。

外見も照明と何ら変わらないようなものなので、デザイン的に違和感なく建築物に馴染みます。これは一般家庭にも同じ事が言え、訪問者に対して自分の家を見せる際には、やはり温かみのある空間を提供したいものです。

そういう意味で、天井への設置は大きなメリットとなります。

一方、壁に設置するメリットは、取り付けと取り外しが簡単で、設置箇所にも融通が聞く事です。天井だとどうしても取り付けが難しく、梯子も用意しなければなりませんし、コードを引っ張るのも面倒です。それに対し、壁に設置するのであれば、設置が簡単な上に設置可能な箇所の面積も広いので、取り付けが楽です。取り外す際にも、わざわざ梯子を用意する必要がありません。

火災報知機設置の義務化の前に、
どこに報知機を付けるかある程度目星を付けておきましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

火災報知機を設置すべき部屋は?
火災報知機設置が一般家庭にも義務化される事で、火災報知機に関して色々と勉強しなけ......
火災報知機を設置する住宅
火災報知機の設置が義務化されたといっても、自分の家には必要ない、関係ない、と思っ......
火災報知機はどこで購入する?
今まで一般家庭で育った人のほとんどは、火災報知機とは縁のない生活をしてきたと思い......
ここに注意!火災報知機を購入するポイント
消防法の改正で、火災報知機の一般家庭への設置が義務化されました。設置義務化の期間......
火災報知機の仕組み(自動火災報知設備)
火災報知機とは一体どう言う原理で動いているのか?火災報知機設置の義務化で、家庭に......
炎を感知するタイプの火災報知機
火災報知機設置の義務化により、火災報知機の市場は大きな刺激になると言われています......
煙を感知するタイプの火災報知機
火災報知機が近い将来、すべての一般家庭にも設置される事になります。火災報知機の設......
熱を感知するタイプの火災報知機
火災発生の予兆には部屋の室温があります。熱によって通常の状態から大きく上昇します......
火災報知機にはどんなタイプがあるのか
火災報知機設置の義務化により、私たちには火災報知機に関する認識をしっかりと身につ......
住宅用火災警報器の仕組みと電源について
火災報知機の設置が義務化され、一般住宅用の火災警報システムがいろいろなメディアで......
住宅用火災警報器のしくみは?
火災報知機の設置が義務化されるということは、各家庭で火災報知機を扱うということで......
火災報知機設置を義務化した消防法の改正とは?
火災報知機の設置が義務化されたのは、消防法を改正する法案が可決されたからです。そ......
火災報知機設置の義務化を怠った場合の罰則
火災報知機の設置が義務化された事で、心配事が一つ増えたかと思います。それは、もし......
火災報知機の実績と効果
火災報知機の設置が義務化されるに当たり、一つ大きな疑問が発生します。それは、火災......
火災報知機設置の義務化によってかかる費用
火災報知機設置の義務化に伴い、一般の方が最も気になさっているのは、その費用かと思......

▲このページのトップへ